FC2ブログ

06

06

コメント

♪ バブルバック と ダブルシックスに共通点あり!

♪ 前日に続いて~ バブルバックを中心の話題で~す。

スポーツモデルを別にすると、ロレックスファンが、最後に行き着くのは、バブルバックではないかと言われています。
やはり、レアモデルが集まる『わらや倶楽部』でも、バブルバックは、別格扱いのスペシャルモデルです。 

『わらやぶろぐ』 も、そんなバブルバックに魅せられて何度か、話題にしてきました。

中でも、記憶に残っているのが、カリスマ性のある時計と車の一例として、バブルバック&スカイラインS54Bを、引き合いに出して、店主の思いとダブらせながら書いた、バブルバックの裏蓋とスカイライン2000GT(S54B)の長~い鼻先の話題です。

内容は、時代の先端を突っ走るために、(バブルバックは、手巻きムーブメントが、一般の折に、自動巻きムーブを仕込む手段として、自社既製モデルの裏蓋を膨らませてローターを収納し、コストを抑えて誕生?・・・片や、S54Bは、高性能を得る為にスカイラインのノーズを無理やり伸ばして、ワンクラス上のエンジンをむりやり、ぶち込むんで、成立させたニューバージョン!!)両者とも、バランスより、機能を優先する苦肉の手段により、とりあえず出来た、間に合わせの不細工なフォルムが、かえって異端のカッコ良さと映り、マニアには魅力的に見えるのでは無いかと、知ったかぶりの持論をぶった記事でした。

ど~も、わらや店主も、この手の個性的で一見、イビツな物には、目が無いようです。

ディムラーダブルシックスにも、同じ匂いを感じて衝動買いしましたしねぇ。・・・ダブルシックスのデザインバランスは、秀逸だと思いますが・・・エンジンルームは、手が入らないぐらい詰め込んでますからねぇ~ 

でも、目的を持った形状は、時計にしろ車にしろオーラを発散するものだと思うのですが、皆様の感想は如何でしょうか?
記 わらや店主


★ ヒネリなし直球勝負の発想!自動巻き機構を仕込むには、裏蓋を膨らませて。
IMG_2013.jpg
★ S54Bは、フロントノーズを延長して6気筒をむりむり詰め込んだ異端のフォルム!!
zp002_1.jpg

★ 6気筒×2基の12気筒が、ボンネットの下に鎮座・・・これまた無理しすぎですよね~。
610.jpg
★ バブルバックやダブルシックスに魅かれるのは、両者に共通点が有るからかも?
・・・・と、、無理無理、話題をつなげる、わらや店主でした~(爆)
341.jpg
しか~し、なんでこう、わらや倶楽部には、異端な物ばかり集まってくるのでしょうね。
(車画像はネットより掲載)
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://warayaclub.blog112.fc2.com/tb.php/463-79414729

わらや プロフィール

創業60年の高級呉服専門店を母体に、多種多様を創造する独自のわらやスタイルでお答えします。

わらや中島呉服店
岡山県津山市川崎651
TEL 0868-23-8390

わらや倶楽部
岡山県津山市川崎648
TEL 0868-22-5389

HP www.waraya.co.jp
ヤフオク Yahoo!Auction

ブログ内検索

FC2ブログランキング

時計 部門
21位
アクセスランキングを見る>>

ファッション・ブランド 部門
724位
アクセスランキングを見る>>


ブログランキング参加中!
ご協力お願いします!!

月別アーカイブ

Designed by

Ad